マナボッセ

フリーランスWebデザイナーが日常で学んだこと

オススメ家電

デロンギオイルヒーターのススメ「HR031015EC」

ふ〜ゆ〜が〜は〜じまるよ〜♪

槇原敬之の「冬がはじまるよ」はマイフェイバリットソングの一つですが、冬は大嫌いです。

というか寒いのが大嫌い。

 

とは言っても冬はやってきてしまうので、我が家ではこの季節になるとデロンギのオイルヒーターが大活躍。

 

デロンギオイルヒーター「HR031015EC」

我が家では「HR031015EC」というモデルを使っています。

こちらかなり古いモデルなのでヤフオクとかでは数千円で売ってる(笑)

古いモデルでも全然大丈夫。温かいです。

8畳程度の洋室(寝室)で毎日夜9時から夜中1時、更に朝5時から7時半ぐらいまで6時間半程度使ってます。

暖まるまで時間がかかる

デロンギオイルヒーターは部屋が暖かくなるまでに時間がかかります。

暖まりはじめるのがスイッチオンしてから大体30分後ぐらいかな。

だから常にコンセントは挿しっぱなしでタイマーでオンとオフを切り替える感じ。

 

暖まるまで時間がかかるんだけど、いざ暖まってしまえばとても心地よい暖かさ。

エアコンの様にゴーッと風が吹き出すわけじゃないから、部屋全体がボワっとあたたかい感じ。

風がないので乾燥もしづらい。

それに加えて音も静かなので寝室の暖房にはもってこい。

暖めてるときは「ブーン」と小さく音が鳴ってるんだけど、気にならないほど小さいしサーモスタットがあるので一定の温度になれば「ブーン」もストップする。

パワーは強1500W/中900W/弱600Wの三段階

デロンギオイルヒーターの多くにパワー切り替えスイッチがついてる。

だいたい3つ。強、中、弱。

うちでは常に中を使ってるけど、十分暖かい。

部屋を早く暖めたいなら強でスタートして、暖まったら中や弱に切り替えればOK。

暫く使ってると、タイマーとパワーのベストコンビネーションが見えてくると思う(笑)

デロンギオイルヒーターは重い

何を隠そうこのデロンギオイルヒーター。結構重いです。

まぁファンヒーターとかも重いので普通っちゃ普通かもしれないね。1階と2階を行き来して使うのはちょっとつらい。

でもキャスターが付いてるから同じ階の別の部屋に持っていくのは結構簡単。

あと、デロンギは窓の前に置くのが良いらしいのでゴロゴロ転がして窓の前に持っていきましょう。

窓から入ってくる冷気をデロンギでガードするという感じでしょうか。

タイマーの使い方をマスターせよ

デロンギを使う上でもっとも重要なのはタイマーだと思います。

タイマーの使い方で暖まるタイミングも下手すりゃ電気代も変わってくる。

オンオフタイマーを細かく設定できるので、寝る前に丁度良い感じになるように1時間〜30分前にオンになるようにしたり、ムダに長い時間暖めたりしないようにしないとね。

まとめ

ということでデロンギちゃんは我が家では必須アイテム。

うまく活用して上手に寒さを乗り越えていくぞー!

-オススメ家電