マナボッセ

フリーランスWebデザイナーが日常で学んだこと

節約術

現金を使わない方が節約できるんじゃないかな

僕は現金をほとんど使いません。

どんなに少額でもクレジットカードが使えるお店ではクレジットカードで払う。

100円のお菓子だろうがジュースだろうがクレジットカード。

 

現金を使わずクレジットカードで支払いした方が節約できる

僕は支払いの全てをクレジットカードで済ませちゃった方が節約に繋がると信じています。

なぜかと言えばクレジットカードを使う方が圧倒的にお金の動きが見やすくなるから。

もっと簡単に言うと、クレジットカードを使うと自動で家計簿に記録されてスマホでサクッと確認できる。

そうすると「あ、今週はちょっと使いすぎてるなー外食控えよう」ってな具合でブレーキをかけられる。

 

よく「クレジットカードはいくら使ってるかわかりにくいからついつい買いすぎちゃう」って話しを聞くけど、逆だと思う。

現金を使ったほうがいくら使ってるかわかりづらい。

クレジットカードの利用明細は最近であれば2日とか3日ぐらいでアプリに記録される。いつどこで何にいくら払ったかバッチリ記録される。

 

現金はというと、財布の中にいくら入ってたか覚えておくかレシートを貰ってちゃんと家計簿に記録しないといけない。

マメな人ならそれでも良いと思うけど、僕は面倒くさがりやなので3日も続かない(笑)

 

僕はとことんズルして楽に家計簿をつけたいんだ!(笑)

クレジットカードなら気がついたら家計簿に記録されてる。

あとはそれを見て判断するだけで良い。

僕みたいないい加減な人間は家計簿をしっかりつけてお金を管理しないと節約なんてできない。

 

現金を持たないことのデメリット

というわけで僕はクレジットカードばかり使うので気がつくと財布の中に現金がほんの少ししか入ってないことがよくある。

近所のお好み焼き屋さんに行ったりした時なんかはヒヤヒヤする。

昔ながらのお店ではクレジットカード支払いができないことも多々あるのでお店に入ってから「やべー今日1500円しか現金がない」なんてこともある。

ホントは全てクレジットカードで払いたいのに、お店の環境なんかで時々現金を使わないといけないことがあり、そんな時に限って現金がなくなっている。

これが現金を持たないことの最大のデメリット(笑)

まじでヒヤッとする。

時々「あ、俺今日は人生初お店で皿洗いしないとだめかも。ちゃんと謝ろう」って思うことがある。

幸いにも実際にそんな事態が起きたことはないけど(笑)

 

まとめ

というわけで、僕は可能な限りクレジットカードで支払うしその方が節約できるんじゃないかなってお話でした。

 

-節約術